撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

雑誌「写真」

ふげん社から発行されている雑誌「写真」は昨年2022年1月に創刊され、年2回(1月と7月)発
行で今月20日に3号が発売されました。
編集人が村上仁一さん、統括アドバイザーに飯沢耕太郎さん、造形設計に町口覚さんというメ
ンバーと知ったらそれだけでも単なる雑誌ではないだろうと想像しますよね。
毎号テーマごとに豪華な写真家のラインナップが並び、インタビュー、エッセイ、写真展評や
写真集のレビューなどと盛りだくさんの内容です。
最新号の3号のテーマは「スペル」。
写真はそのもの、言語を介する必要がないので世界共通語ともいえます、だからこそ写真作家
の活躍が文学に比べて速度が速いですよね。
「スペル」とは、面白くて興味深いテーマです。
刊行記念のイベントもユニークです。
1月24日にオープニングレセプションパーティーがあり、3000円で参加できます。川田喜久治
個展と特集掲載作家6名の特別展示が開催され、「写真」vol.3とワンドリンクがつきます。雑
誌「写真」は2970(税込)なので参加するだけでお得です。
2月5日にはギャラリートークとして川田喜久治氏と飯沢耕太郎氏が登場。
さらには2月18日に特別対談として作家の柴崎友香氏と鷹野隆大氏のトークイベントが予定さ
れています。こちらは会場観覧とオンライン配信もあります。
ふげん社といえば運営会社が印刷会社です。いわば本作りのスペシャリスト。2014年にギャラ
リーとブックカフェをはじめ、2016年に出版部門が立ち上がって出版社とし製本販売をしてい
ます。そんなふげん社から発行される雑誌「写真」だからこそ今後も引き続き楽しみです。
https://www.shashin.tokyo

ホリデーギフトに

クリスマスのホリデーギフトにトイカメラはいかがですか?
今やフィルム派、デジタル派、そしてインスタント派のどちらにも嬉しいトイカメラが充実しています。
手頃な値段で気軽にプレゼントできるものから、フィルム式のピンホールカメラなどこだわりの撮影ができるトイカメラなどがあります。
お子さんへのプレゼントやカメラ好きの友人や恋人、パートナーなど贈る相手を選びません。

トイカメラの魅力といえばなんと言っても手軽さ。
値段はもちろん、軽量で、近年は超小型のアクセサリーのようなトイカメラもあります。カラフルでかわいい形のものから、今だからこそクラシカルなモデルもあったりと選ぶ楽しさもあります。
ピントのずれや光の入り方の独特な具合が、高性能なコンパクトカメラやスマートフォンの写真とは違い、その「味」がもうひとつの魅力です。

贈る相手によってフィルムかデジタルかインスタントか選べることができるのもいいですよね。
プレゼントに悩んだ時にはトイカメラを選択肢に入れてみてはいかがでしょう。撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

行ってみたい金沢

2020年に開館した金沢市の私設現代アート美術館 KAMU Kanazawa (
カム カナザワ)のプロジェクトで、金沢の歓楽街 新天地にて森山大道氏の作品が展示されています。
その展示方法とは、夜の繁華街を彩るネオンや電光看板に混じりながら円形、正方形、長方形のライトボックスの突き出し看板に森山氏の写真が浮かびあがるスタイルです。歓楽街にコントラストの強い大道氏の写真がライトボックスによって浮かび上がる光景、写真で見るだけでもかっこいいです。なんだか以前からもそこにあるように見えるほど夜の繁華街に溶け込んでいます。
タイトルは「Brightness/Contrast」。
これはコロナ禍の打撃を受けた金沢の中心地に対しKAMU Kanazawagaが何ができるかという思いから金沢市と新天地商店街組合の協力によって実現したそうです。
さらには市内の19本の電柱に森山氏の作品に頻繁に出てくる被写体「唇」にスポットを当てた作品を展示しています。こちらのタイトルは「唇 : エロスあるいはエロスではない何か」。
展示配置場所はKAMU Kanazawa入館時に配られる地図に記載されているそうです。新天地のライトボックスは来年3月31日まで17時から24時まで点灯、19ヶ所の電柱展示は来年の10月22日まで開催です。
街中にある作品を見ながら散策できるこういう企画って楽しいですよね。

https://artsticker.app/events/1261

どうしたって圧倒的

2020年に開館した金沢市の私設現代アート美術館 KAMU Kanazawa (
カム カナザワ)のプロジェクトで、金沢の歓楽街 新天地にて森山大道氏の作品が展示されています。
その展示方法とは、夜の繁華街を彩るネオンや電光看板に混じりながら円形、正方形、長方形のライトボックスの突き出し看板に森山氏の写真が浮かびあがるスタイルです。歓楽街にコントラストの強い大道氏の写真がライトボックスによって浮かび上がる光景、写真で見るだけでもかっこいいです。なんだか以前からもそこにあるように見えるほど夜の繁華街に溶け込んでいます。
タイトルは「Brightness/Contrast」。
これはコロナ禍の打撃を受けた金沢の中心地に対しKAMU Kanazawagaが何ができるかという思いから金沢市と新天地商店街組合の協力によって実現したそうです。
さらには市内の19本の電柱に森山氏の作品に頻繁に出てくる被写体「唇」にスポットを当てた作品を展示しています。こちらのタイトルは「唇 : エロスあるいはエロスではない何か」。
展示配置場所はKAMU Kanazawa入館時に配られる地図に記載されているそうです。新天地のライトボックスは来年3月31日まで17時から24時まで点灯、19ヶ所の電柱展示は来年の10月22日まで開催です。
街中にある作品を見ながら散策できるこういう企画って楽しいですよね。

https://artsticker.app/events/1261

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

俳優と写真家のアートブック

俳優の佐藤健と写真家マリオ・ソレンティとのアートブックが来年2023年発売されます。現在先行予約中ですが予約サイトにはアクセス集中でつながりにくい場合があると注意書きがあるほどです。
さて、有名写真家が有名人を撮影した写真集なのでは、と数ある写真集のように思ってしまいますが、写真集ではなくあえてアートブックとしているのは佐藤健さんの強い思いがあるようです。
「ただ写真を撮ってもらうのではなく、ネットやインスタなどで一時的に消費されてしまうものとは全く違う写真を第一線で生み出し続けているマリオ・ソレンティとのコラボレーションとして、今後に残るアートとしての作品をこの機会に全力で生み出したい」(サイト抜粋)
と上記のようにサイト内に記されています。
消費されるものではない写真、という表現からもこのプロジェクトへの強い想いが伝わるようです。
あくまでも「作品」としての写真であり、同時にもちろんこれはマリオ・ソレンティの作品でもあるといっています。
今年の9月に2日間のみで撮影されたバックステージがサイトにもYouTubeにもアップされています。コラボレーション相手の写真家がマリオ・ソレンティである時点でものすごい予算のかかったプロジェクトであることはわかりますが、バックステージのほんの数分を垣間見ても映画のようなコストのかかったものだというのもわかります。
アートブックのタイトルは「Beyond」、348mm×257mmという変形サイズで、96ページ(仮)、価格は税込2万円です。
現在12月13日まで一次予約受付期間、12月20日から来年1月31日までが2次予約受付期間となっています。一次予約の特典は抽選で20人に購入者の名前と佐藤氏の直筆サインが入るということなので、ファンや写真集コレクターには垂涎ものでしょう。
バックステージではマリオ・ソレンティのシューティング風景がないところに2日間の緊張感が感じられます。
来年発売されてからの話題、評価も楽しみですね。


https://colavoshop.jp/special/beyond/

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

二期にわけて観れるテリ・ワイフェンバック写真展

日本でも根強い人気の写真家 テリ・ワイフェンバックの写真展が二期にわたって開催されてい
ます。この展覧会での作品は2020年の「さいたま国際芸術祭2020」にて展示されたもののコロ
ナ禍の状況に見舞われたため、再度あらためて鑑賞できる機会となりました。
「さいたま国際芸術祭2020」のために2019年の春にワイフェンバックが埼玉の地を訪れて撮影
した作品で、埼玉の15ヶ所以上で撮影されました。
この時のテーマが「花 / Flower」。花や草木、昆虫や鳥など日常の身の回りにある光景の一瞬
一瞬を幻想的に撮影するワイフェンバックにとって彼女のライフテーマそのものです。
その作品が「Saitama Notes」となりました。
今回12月25日までのパート1では「Flowers & Trees」1月14日から4月2日までのパート2は
「Cherry Blossoms」というテーマのもと開催されます。
来年桜の季節にワイフェンバックが撮影した桜の写真を見ることができるなんて嬉しいです
ね。
ワイフェンバックのファンで埼玉出身の方にとっては貴重な作品群なのではないでしょうか。
2回のパートに分けて約37点の作品が展示されるそうです。場所は目黒のBlitz Gallery、入場が
無料というのも嬉しいです。会期中何度も足を運びたいです。
http://blitz-gallery.com/exhi_095.html

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

おとととい

写真家 石田真澄さんによる、女優 夏帆さんの写真集「おとととい」は今年の4月に刊行されました。
そして半年の時間を経て現在写真展「otototoi」が開催されています。
石田真澄さんといえば19歳でカロリーメイトの広告クリエイティブに抜擢され、独学で勉強した写真はスナップショットの手法でどきりとするほど瑞々しい一瞬を捉える写真家。
石田さんと夏帆さんは友人でもなく仕事関係でもないというところから時間を共にし、旅行をし、散歩をし関係を築きながら2年間撮影したものがこの写真集だそうです。
すでにそのままが眩しい夏帆さんですが、石田さんによってさらに夏帆さんの透明さが群を抜いて、それでいてまるで夏帆さんと同じ時間を隣で過ごしているようなそんな日常の優しいショットで綴られた写真集です。
写真展関連イベントではなんと夏帆さんと石田さんのトークイベントや川島小鳥さんとのイベントがあって盛りだくさんですが、この写真展が写真集刊行から半年経って開催されるところもこの展覧会の特徴ではないでしょうか。
一般的に発売記念として同時に開催される写真展ですが、ゆっくり写真集を味わってから改めて写真展を観るというのもとても味わい深いものだと思います。
実際にこの写真展では写真集未収録のカットも含められ「おとととい」ファンには嬉しい展覧会ではないでしょうか。

ちなみに写真集のタイトル「おとととい」は石田さんが子供の頃から使っている「一昨日の前の日」という意味の言葉だそうです。

https://bookandsons.com/blog/otototoi.php

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

マン・レイ展

アレック・ソスの展覧会で話題になりました神奈川県立近代美術館にて、今度はマン・レイの写真展「マン・レイと女性たち」が開催されています。
同時開催中のコレクション展では内藤礼さんの展覧会も開かれていて、年間スケジュールをチェックしたい美術館のひとつですね。
さてこのマン・レイ展、監修が巌谷國士氏、そして国際マン・レイ協会会長のマリオン・メイエ氏、2004年から2005年にかけて五つの美術館を巡回したマン・レイ展「私は謎だ。」を監修したお二人です。
展覧会構成は年代を追って、ニューヨーク、パリ、ハリウッド、そしてパリという順で、プライベート関係から社交界、ファッション界、映画界までの女性たちを捉えたポートレートがテーマです。
マン・レイといったらこれ!という作品や有名なセルフポートレートなど、約260点の作品と関連資料が出品されています。
巌谷國士氏や飯沢耕太郎氏による関連イベントも見逃せません。
会期は来年2023年1月22日までです。
撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

超絶美しい

この秋、11月にライカのM6がよみがえって発売されるというニュースが駆け巡りましたね。
ライカM6は今からおよそ40年前の1984年から2002年にかけて約17万5000台が製造されライカのアイコン的存在のモデルです。
近年のフィルムカメラ人気再燃、若い世代からのニーズに応える目的でこのカメラの復刻に至ったそうです。
当時のオリジナルM6を忠実に再現しながらもトップカバーの材質や各パーツの表面コーティング、露出表示など2022年版としてアップデートされています。
M型カメラの最新作がフィルムカメラ、というのがフィルムカメラファンにはたまりませんね。付属ケースに収められたその美しい姿!
といっても発売されたら即購入できるような値段でもありません。
日本では748,000也。円安の影響は受けるのかなと思ってユーロで見てみると大体換算されている通りの値段です。本国ドイツのサイトと同じユーロでもイタリアのサイトではほんの少し値段の差異があるのが気になりますが。
製造過程が手作業ですからね、この価格。
それでも世代を超えて受け継ぐことのできるカメラの魅力はやはり尽きません。
M6の製造過程の動画が英語音声ですがこちらで見られます。
美しいカメラはその製造過程も美しくて、ちょっとため息が出ちゃいます。
撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

やっぱり先をいくダイアン・ハースト

先日10月11日、ちょっと衝撃的なニュースがありましたね。
ロンドンのニューポート・ストリート・ギャラリーにてダミアン・ハーストが自身の作品1000点を焼却するというライブパフォーマンス。ハースト自身が燃え盛る暖炉の火に作品を入れて焼却する様子の動画も流れました。
これは1年前にダミアン・ハーストが立ち上げた新しいNFT(Non-Fungible Token 非代替性トークン)のプロジェクトで、「Currency 通過」と名付けられた作品です。ハーストの代名詞のようなカラフルなドットが描かれたA4サイズの作品を1万点を制作、紙幣のように個別のメッセージが施されて偽造防止をしたこの作品は物質的なそのものの作品ではなくNFTとして販売され、1年後の今年2022年に購入した所有者は物質的な作品またはデジタルとしての作品どちらかを選択しなければならないという、まさにアートの価値について投げかけたプロジェクトでした。
結果は5149人が物質そのものの作品を選んで、4851人がNFTを選び、そのため4851枚の作品を焼却することになったのです。
アートのデジタル化、考えさせられます。

10月11日にまず1000枚が焼却され、展覧会の会期10月30日まで毎日決まった時間に焼却されるそうです。公式インスタグラムでもみることができます。

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

ページ移動

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.