撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

みえないウイルスを写す

みえないウイルスを写す

現在東京恵比寿のMEMにてアントワン・ダガタ展が開催されています 。タイトルは「VIRUS ウイルス」。
フランスがロックダウンを始めた2020年の3月から5月中旬までの約2ヶ月かけて撮影したプロジェクトで、これまでにフランス、メキシコ、スペイン、イタリア、中国、韓国、ウクライナで展示され、今回日本でこのシリーズが初めて展示されています。
ひと目見てアントワン・ダガタ作品だとわかる特徴あるスタイルは今回も然り、撮影にサーモグラフィーを使用した作品です。
世界中を襲った新型コロナウイルスのパンデミックは、ウイルスという存在が見えないからこそ恐怖であり捉え所のないものですが、その「見えない」ウイルスを温度によって目に見えることができるサーモグラフィーを使ったのです。被写体とそして撮影現場にコミットする撮影方法に重きを置くアントワン・ダガタらしい手法とアイデアでまたひとつアントワン・ダガタの代表作となるのではないでしょうか。
撮影は人のいない閑散とした路上、ぽつりぽつりとしか人がいない街中、病院内の治療中の様子など、ぼんやりと浮かび上がるサーモグラフィーだからこそ煽られるような恐怖感を感じます。

展覧会会場では毎週土日に120インチスクリーンでの映像作品の上映が完全予約制であります。無料ですが定員が各上映につき5名なので開催期間の3月6日までチケットを取るのに難しいかもしれません。大型スクリーンでの鑑賞が出来なくてもYouTubeにて公開中です。約8分の映像は画面を3分割し撮影写真を写し続けるのですが、サーモグラフィーが写し出す「ウイルス」が不気味です。
写真集としても、本人が運営するスタジオStudio Vortexから刊行されています。https://www.studio-vortex.com/virus.html

https://mem-inc.jp/2022/01/29/dagata2022_jp/

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

写真絵本 川内倫子さん

写真絵本
川内倫子さんが出産されて、妊娠出産の前後に撮影した写真を短いテキストとともに収録した
写真絵本が刊行されました。
タイトルは「はじまりのひ」。この刊行を記念して展覧会が開催されています。
表紙の写真からもおもわず「あ!」といってしまいそうな川内ワールドが広がり「うたたね」
の世界、川内さんならではの感性で撮られた一枚一枚を堪能できそうです。
川内さんといえば現在Milk JAPONのウェブサイトで「そんなふう」という写真コラムを連載し
ていますが、もともと「りんこ日記」でも定評のある文章がここでも読めるように写真絵本と
いう文章との組み合わせは秀逸。あらたな写真絵本という形で川内ワールドを体験できるのは
嬉しい限りです。
会期は5月13日まで。ゴールデンウイーク中に家族とでも友達とでも、もちろん一人でもじっ
くり鑑賞したい展覧会です。行きたい展覧会リストの一つに是非。
http://post-books.info/news/2018/4/14/exhibition-rinko-kawauchi-hajimarinohi
http://milkjapon.com/series/sonnafu/

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

圧倒されるコラージュ

2月6日に放送された「情熱大陸」をご覧になったでしょうか。
写真家・西野壮平さんが紹介されました。
「Diorama Map」で一気に注目を浴び、今回の放送の中でも美術評論家の山下裕二さんが「こういうやり方をしている人はいないんじゃないか」「期待している」と称賛を送るように、先日発表された第46回木村伊兵衛写真賞のノミネート作家になるほど活躍しています。
西野さんといえば「Diorama Map」というほど作品のインパクトが大きいのですがその制作の様子を垣間見ることができるだけでも必見の回でしょう。
今回の放送ではコロナ禍に富士山を題材として作品を作り上げる様子を取材しています。富士山登頂のすべてのルートを登り、撮影から制作を合わせて5か月間でひとつの作品が完成し、放送の最後にはその圧倒される作品が表れます。
「おもしろい」とお父さまがおっしゃったその富士山の作品は現在キャノンギャラリーSにて開催されている「西野壮平写真展 線をなぞる”tracing lines”」で3月7日まで観ることができます。

西野さんのHPでも細部を見ることができます。
HP内で西野さんが綴るように、これまでのDiorama Mapが、ここではまさに曼陀羅と化しているかのようです。

3月中旬発表の木村伊兵衛写真賞も楽しみです。


https://soheinishino.net/mountain-line-fuji


https://www.mbs.jp/jounetsu/2022/02_06.shtml

12年を1冊に

重さ2,5kg、総ページ数512ページの写真集。
これはデビューから12年間の間に手がけた奥山由之さんの写真集です。
写真のみならず映像監督としても活躍する奥山さんですが、デビューが2010年、12年のキャアリで若干30歳。
そんな奥山さんの数ある作品の中からクライアントワークに絞って約400点の作品を奥山さん自身がセレクトし収録した凝縮した写真集です。
2月7日発売で、通常盤のブラックと限定盤のライトグレーがありますが通常版のおよそ倍の値段の限定版はすでに完売、限定版は500部のみで筆者サインと筆者による手書きのエディションナンバー入りの仕様。
さて、販売元の青幻舎のHPで内容のプレビューを見ることができますが、あれもこれも知っているビジュアル。「感電」のMVとアーティスト写真も手がけ、米津玄師さんから「彼のユーモアにはいつだって心が動きます。光を見つけて切り取る力。尊敬しています。」というコメントが寄せられています。
先日ほぼ日で連載されたインタビュー(https://www.1101.com/n/s/yoshiyuki_okuyama)も面白いです。奥山さんの人となりを窺えるようで、このインタビューを読むとひとつひとつの作品の見方も変わるくらい興味深い内容です。


https://www.seigensha.com/books/978-4-86152-881-1/

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

2年ぶりの木村伊兵衛写真賞

コロナ禍のため2020年度と2021年度発表作品を対象とした第46回木村伊兵衛写真賞のノミネート作家が発表されました。
ノミネートされたのは、顧剣亭(こ・けんりょう)さん、西野壮平さん、福島あつしさん、山元彩香さん、吉田志穂さんの5名。
福島あつしさんの、タイトル通り高齢者専門の弁当配達のアルバイトをし徐々に配達先の独居老人たちを撮影した記録「ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ」のインパクトは記憶に新しく、山元彩香さんのアフリカの柔らかな光も印象に残る作品です。
この2年の間に興味深いプロジェクトの作品や、おもしろい発想の作品もたくさんあったのでノミネート作家を5名に絞るというのは大変なことでしょう。
さて、今回の選考委員の中に澤田知子さんがいらっしゃることも興味深いですよね。受賞者の発表は3月中旬です。


https://dot.asahi.com/info/2022020400011.html?page=1
撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

旅とごはんと人と

旅することに魅せられ、仕事を続けながらこれまで50か国ほどを訪れたという松本智秋(まつもとちあき)さんの写真が一冊になって刊行されました。
こちらの書籍は中国から始まりイスラム教国、そしてムスリムが暮らす地域がある国などを旅した記録が訪れた順にまとめられたA5版フルカラーの144ページ。
バックパックひとつの女ひとり旅、おもしろいのは右のポケットにフィルムカメラのGR1vを、そして左のポケットにGR DIGITAL IVを忍ばせて旅の風景、そしてごはん、人々を撮影したというところです。
デジタルカメラはご飯記録用だそう。
目次には2015年10月に訪れた中国、西安から始まり2019年6月のジョージアまで上半分に時系列で国の名前、下半分に地図上に訪れた都市が記されています。
本のタイトルが「旅をひとさじ てくてくラーハ日記」、ラーハとはアラビア語で休息、安息、寛ぎといった意味だそうで、その通り食の写真が中心ですが合間合間にある地元の人がくつろいでいる写真や街並みの様子があたたかく、色鮮やかなポートレートや見開きの大きな写真にほっこりしたりどきりとしたりします。
松本さんのエッセイとともに読み進めると、グルメ本でもなければガイド本でもない、まさに松本さんのパーソナルな写真記録で、それがなぜか懐かしい優しさがあるのです。
フィルムカメラで撮影された写真の色合いにそう感じさせられるのかもしれません。
容易に旅ができないこの時期、写真とエッセイが脳内旅行に連れて行ってくれるようです。


https://tabihitosaji.com/book/

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

見れば見るほど欲しくなる

見れば見るほど欲しくなるカメラバックがあります。
本来カメラバックとして販売されている商品ではないのですが、撥水と容量が魅力なリュック型で、すでにカメラバックとして活用している方もいらっしゃるでしょう。
撥水と容量が魅力と言ってもそれは実は二の次で、このバックの魅力はなんと言ってもその形、デザインです。そのバックは côte&ciel (コートエシエル)のNILEです。
スティーブ・ジョブズがコートエシエルのISARというモデルのバックを持っていたことからISARが一世を風靡しました。そのISARのブランドと言ったらピンとくるかもしれません。
これまでのリュックの形の概念を覆すかのようなフォルムで、もちろん美しいラインだけではなく機能的で実用的な上に美しさが備わっているからこそ世界中で人気なのでしょう。

さてNILEはISARをもとにふまえてデザインされたモデルで、まるで一枚布で作られたようなシンプル、ブランドのHPには「繭のような形」とありますが、まさにシンプルなのに温かみのある特徴が目を引きます。ラップトップポケットには15インチがしっかりと収納でき、収納する量によって表面の布の表情が変わるような作りです。素材はポリエステルで撥水、軽量なのもカメラバックとして便利です。
現時点このモデルは日本のオンラインでは売り切れ中ですが、ヨーロッパサイトではNILEの違うモデルもあるので日本に入ってくる可能性もあるかもしれません。
納得するカメラバックを探すことって意外に難しいんですよね。じっくり見比べて好みのカメラバックに出会って活用したいものです。


https://coteetciel.jp/collections/backpacks/products/nile-memorytech-black

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

注目のトークイベント

独自のワークショップや様々な興味深いイベントを企画している横浜美術館のライブラリー・トークの第4回目開催が発表されました。
ライブラリー・トークとは横浜美術館の図書館である美術情報センターの写真集を取り上げて写真家を招いたトークプログラム。第1回目は長島有里枝氏、第2回目は鈴木理策氏、そして前回は畠山直哉氏といった写真家の名前だけで参加したくなる注目のトークイベントです。
さて今回は、造本家の町口覚氏。グラフィックデザイナーでありパブリッシャーでありアートディレクターである町口氏が写真家とともに手掛けてきた写真集は数知れず、会場となる約11万冊の美術に関する図書資料を所蔵する横浜美術館の美術情報センターでのトークイベントにまさに相応しいゲストではないでしょうか。
配信はZoomで、事前に参加者が写真集に関する質問に答えてそれをもとに本作りのプロの語りが展開されるというイベント。
開催日は3月12日、申し込み期間は2月7日まで、定員は50名、参加費無料。
対象が12歳以上という点も興味深いです。
こういった興味深いイベントも本来ならば開催地に近い場所に住んでいないと難しいものですが、オンライン開催だからこそ普段は躊躇してしまうイベント参加も可能になるという、この時期のいい面のひとつとも言えるかもしれません。

https://yokohama.art.museum/event/symposium/data-781.html

撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

謹賀新年、寅年

謹賀新年、寅年

ワイルドライフ・フォトグラファーとしてロシアの極地を専門として自然界とその動物たちを撮影しているSergey Gorshkov(セルゲイ・ゴルショコフ)氏の新年の挨拶とともに公式フェイスブックとインスタグラムに投稿された写真は虎でした。

ロンドン自然史博物館にて毎年開催されるWildlife Photographer of the Yearにて、何度も受賞歴があるゴルショコフ氏は2020年の大賞に選ばれ、その作品はアムールトラを捉えた写真でした。
野生のアムールトラは現在では数百頭のみとなり、行動範囲の痕跡を探りながら国立公園の森の中にカメラを設置し11ヶ月の時間をかけて撮影することに成功した一枚だそうです。
写真家になる前は狩猟が好きだったというゴルショコフ氏は動物たちを照準器から見ていたけれどあるときアフリカで初めてヒョウを見たときにその美しさで撃つことができず、そこから銃ではなくカメラを手にして写真を撮り始めたという人物。
現在ではアムールトラの撮影のように、撮影した作品を通して動物愛護や地球環境の警鐘鳴らしつつ自然に感謝しているといいます。

新年の一枚がトラということで日本の寅年と一致したのは偶然でしょうけれど、美しい動物たちの写真を見ながら、少しでも穏やかで光が見える一年になりますようにと願わずにはいられません。


https://www.facebook.com/gorshkov.photo

https://www.instagram.com/sergey_gorshkov_photographer/?hl=it
撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

カレンダー

年の瀬を迎え、来年のカレンダー選びの時期ですね。
何気に毎日見るカレンダーなので自分の好みにぴったりのものを選ぶと気分よく過ごせますよね。
大判のものから卓上、手帳サイズまで大きさはもちろん、機能重視からイラストや写真などカテゴリーは無限です。自分で撮影した写真をカレンダーにするバージョンも楽しいものです。
さてそんな選択肢が無限のカレンダーの中で、こんなカレンダーもあります。
飛行機のコクピットがテーマのカレンダー、その名も「JAL PILOT -I have Control-」。
JALの機材、パイロットが登場するカレンダーで2022年版で4年目となる人気シリーズで、実際の機体内外のシーンなので臨場感があります。
さて、この「JAL PILOT」、単にカレンダーだけでないVR映像キット同梱版というものがあります。600個限定生産で4機種のコクピットと運行をVR体験できるというもの。機材4機種、4つの運行ルートは国内線3ルートと東京-ニューヨークの1ルートです。
航空ファンにはもちろんですが、ちょっと変わったプレゼントとしても面白いカレンダーではないでしょうか。
さて来年はどんな年になるでしょう。
みなさまにとって幸多き年となりますように。
撮影機材・撮影照明・ストロボの専門店

https://store.jalbrand.co.jp/collections/jal-calender/products/2021pilot

ページ移動

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.