撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

支援のしかた、それぞれ

支援のしかた、それぞれ

前回お話したニューヨークでのチャリティープロジェクトのほかにも、興味深いプロジェクトがあります。
写真家、ヴォルフガング・ティルマンスが主宰している政治からジェンダー問題、アートに関する活動をしている非営利団体「Between Bridges」が、
今回の新型コロナウイルスによって経済危機に面しているクリエイターをサポートする活動を始動しました。
「2020Solidarity」というその名は直訳すれば「2020結束、2020連帯」といったところでしょうか。
40以上のアーティストが集い、デザインされたポスターをHPで見ることができます。それぞれのアーティストのポスターがどのようなチャリティーに関連しているかポスター下から
寄付サイトにリンクし、そこからクラウドファンディングとして参加できるシステムです。
ポスターは50€、$50、£50から参加でき、ポスターのサイズはA2(59.4×42cm)。
ヴォルフガング・ティルマンスが主宰しているだけあって、参加しているアーティストが豪華です。
アンドレアス・グルスキーにトーマス・フル、ジリアン・ウェアリングなどなど、そしてもちろんティルマンスも参加。

支援先は現在のロックダウンによってどの都市でも共通の問題になっているライブハウスやギャラリースペースなどさまざまです。
日本でもライブハウスや映画館や劇場など存続危機にさらされ、署名活動や支援について論じられていますが、
クラウドファンディングのようなプロジェクトをを通して支援できることができたら、まさに一緒に支援している実感があっていいですよね。
HPのポスターから支援先のサイトにリンクされていて、単に寄付をしてポスターを手に入れるのではなく、どの場所を支援しているのかもよくわかります。

作家のスティーヴン・キングがツイッターで次のような言葉を載せました。
「もし、あなたがアーティストはこの世に不要なものだと思うのなら、自粛期間、音楽や本や詩や映画やペインティングなしで過ごしてみてください。」と。
クリエイティブな活動とその作品群が私たちの生活の中にどれだけ浸透し、不可欠なものかということをこの時期再認識します。
支援のしかたも形もそれぞれ、そしてクリエイター、アーティストであるからこそ支援のしかたは無限大に形を自由にかえてプロジェクトに参加する楽しみさえも提示してくれます。

撮影機材・LED照明の専門店

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.