撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

デジカメのオートフォーカス

デジカメには銀塩カメラと同じようにオートフォーカス機能と呼ばれる機能があります。
オートフォーカスというのは、読んで字のごとく自動的にレンズの焦点を合わせてくれる機能のことを意味します。省略してAFと呼ぶこともあります。このフォーカスを合わせる際にはピントだけではなくて、絞り値も調整してくれます。

デジタルカメラと銀塩カメラでは、オートフォーカスの仕組みに違いがあります。
オートフォーカスの仕組みは、デジカメのCCDに入ってくる光によって被写体のコントラストやボケ方を調べ、それに対応するようにレンズを調整しているようになっています。

オートフォーカスの使い方は凄く簡単です。シャッターを半押しする。これだけなのです。ピントが合うとピッという音がするのですが、これが合図となっています。

デジカメのオートフォーカスには複雑な計算が必要ですから、ピントがあうまでには多少の時間がかかります。ですので、動きの速い被写体を撮影する時にはピントを合わせるのが難しいことも多々あります。

デジタルカメラのオートフォーカス機能は、様々な計算が必要なため、ピントが 合うまでに少し時間がかかります。そのため動きが速い被写体には、ピントが 合わせ難いことがあります。こういう時にはオートフォーカスのロック機能を使ってみましょう。

まず目的の被写体でシャッターを半押しにし、ピントを合わせます。そのままの状態をキープしたままで、カメラアングルを変更して被写体が画面のサイドに移動させてください。そうすればピントが両側の被写体に合うようになります。

最近のデジカメのオートフォーカス機能は、どんどん進歩していますから、より高度なことが出来るようになっています。是非最新の機種の機能もチェックしてみてくださいね!撮影機材をお手軽に

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.