撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

夜桜撮影

三寒四温で、体調管理が難しいこの時期ですが、桜の開花を目にするとそれだけでなんだか嬉しくなってしまいますね。
さて「お花見」季節に突入ですが、週末以外に桜を愛でるのはやはり日が落ちてからの夜になってしまいますね。だからカメラで桜を撮影するのも夜。
では夜桜をきれいに撮るポイントを今回は見てみましょう。
「夜景」の写真を撮ったことがあれば、みなさん経験されているでしょうが、暗い場所では前方と背景の光のバランスがうまくいきません。
例えば夜景を背景に人物を撮影しても、全面の人物だけが明るく撮れて背景が真っ暗だったり、その逆に背景はきれいに撮れても人物が真っ黒につぶれて見えなかったりというパターンですね。
この「夜景」撮影と同じように、「夜桜」撮影も同様の問題が出てきます。
そこで大切なポイントは、フラッシュを「スローシンクロ」モードにすること。
「スローシンクロ」とは、近くの被写体をフラッシュの光で撮影し、背景を本来の明るさで写し込むという機能です。オートモードで撮影すると、近くの被写体のみに照明が当たり、かつ早いシャッタースピードで撮影するために背景の光を拾えずに真っ暗に写ってしまうわけです。近い被写体をフラッシュで、遠い被写体は自身の明かりで撮影、というのがスローシンクロです。
「スローシンクロ」で撮影するとシャッタースピードが通常よりも遅いため、ここでもうひとつ「夜桜」撮影のポイントが必要になります。
それが三脚。
きちんと固定しなければ、その遅いシャッタースピードの撮影を手持ちで維持しきれないからです。
ただ、気軽な夜桜見物に三脚を持って行けない場合も多々あるでしょう。
そんなときは、カメラを固定できる場所、置ける場所があればベストです。
電柱や建物にカメラの一辺を当てている状態で撮影したり、もちろん桜の木でもいいですね!
また、置ける場所があればセルフタイマーで撮影するのも「暗い場所」「遅いシャッタースピード」の条件下でも手ぶれを防ぐ好機能です。
撮影機材・LED照明の専門店

桜吹雪の撮り方

楽しみにしている桜の開花から満開になるのはあっという間。
気づくと葉桜に移っていきます。
桜の満開時の撮影の次に楽しめる桜の撮影は、これもほんの一瞬の時期ですが「桜吹雪」があります。
はらはらと風に舞っておどり散りゆく桜の花びらは情緒があり、非常に日本的な美を表現できます。
桜吹雪の撮り方は、花びらの揺れ動いて散るさまをスローシャッタースピードで撮影する方法があります。
ただ、日中にシャッタースピードを遅くすると自動的にF値を絞らなければならなくなります。
しかし、F値を絞るとキレイなボケを得られなくなり、叙情的な演出ができなくなります。
風がある日にうまく花びらを捉えられるとボケ効果でまるで雪が降っているかのように背景と手前に散りゆく花びらがボケて撮影できます。
日中にF値を開放気味に、しかもスローシャッタースピードで撮影する時には、光を軽減するためにNDフィルターを活用します。
もちろんシャッタースピードの遅い撮影なので、三脚は必須です。
また白に近い明るい色の桜の花びらを浮き立たせるために、背景を選んで構図しましょう。
そのために日中ではなく夕方以降の桜吹雪を狙うのであれば、前回夜桜の撮影でお話ししたスローシンクロを使って撮影します。
縦に長い日本列島、まだまだ桜の撮影機会を楽しめそうです。
撮影機材・LED照明の専門店

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.