撮影機材、ストロボ、撮影照明の販売【撮影機材専門店ライトグラフィカ】のオフィシャルブログ

撮影照明専門店 ライトグラフィカ

撮影機材、ストロボ

安心の撮影照明・撮影機材で今日からプロカメラマン

撮影照明・撮影機材についてや売れる写真の撮り方など、写真撮影についての様々な情報をおとどけします。

記事一覧

ハッピーヴァレンタイン

アマナグループが運営する写真情報サイトのIMAONLINEにて、粋な計らいのプレゼントがあります。
三人の写真家に自身の作品からヴェレンタインをテーマに写真のセレクトを依頼し、それらをGIFアニメーションとして制作、サイト内ではそれぞれ好きな作家のGIFを無料でダウンロードし自由に利用してください、という読書へのプレゼントです。
写真家は、石野郁和(いしのふみ)さん、市田小百合さん、清水はるみさんの三人。
石野郁和さんは2017年にMACKから刊行された176ページからなる独特な世界「rowing a tetrapod」が話題になりました。市田小百合さんは2017年から2019年にかけて撮影したバレリーナをオブジェに見立てて撮影したシリーズ「Mayu」が印象的な作家、清水はるみさんは風景とスティルライフにとどまらず、独自に写真をベースに創作する作品群は、そのアイデアそして作品自体も時間を忘れて見続けてしまうほど新鮮です。
日本ではヴァレンタインといえば女性から男性にチョコレートや贈り物を渡す習慣がありますが、海外では男性から女性へ贈り物をする習慣が多いですよね。近年では男女関係なく,
さらには恋愛感情のみならず感謝の気持ちを伝える機会でもありヴァレンタインデーの形も変化しつつありますが、誰かに思いを伝えるきっかけの日があるのは素敵なものです。
今年は作家さんのGIFをグリーティングカードにして気持ちを伝えてみて
撮影機材・LED照明の専門店

ご自慢の愛猫を

雑誌BRUTUSにて猫特集が12年ぶりに予定されているそうです。
4月1日発売のBRUTUSに投稿された写真を載せるページを企画、愛猫写真を募集しています。
応募締め切りは2月12日、23時59分。
応募方法は応募者本人のInstagramアカウントからBRUTUS公式アカウントをフォローして、愛猫の名前と年齢、性別、そして写真のコメントを入力し、#ブルータスの猫特集 をつけて投稿。
インスタグラム上で写真を投稿しながら応募できるのはシンプルでいいですね。
お題が「猫、キュンじゃった!」ということで、写真にあったハッシュタグを自由につけてもいいそうです。
コロナ禍で動物に癒しを求めたくなりますが、実際に猫や犬を飼い始めた人や、しょっちゅう犬猫の写真を見ている知人など周りでみかけます。この猫特集も大いに盛り上がりそうですね。
投稿は1アカウントにつき3点までという応募規定や他媒体での紹介がないこと、写真掲載で大切な著作権許諾についてなどの注意点などもインスタグラム公式アカウントの募集投稿に記載されています。
採用されると、BRUTUSの紙媒体のみならずweb版やSNSなどにも掲載される可能性があるそうで、自慢の愛猫を撮影した一枚が発信され多くの人に愛でられる機会になるかもしれません。
我が愛猫こそは!という方、または猫写真の撮影が好きな方、得意な方、いかがでしょう。
撮影機材・LED照明の専門店

見てるだけで幸せな気分になる

大好きな写真集「ブタとおっちゃん」の続刊と言えるでしょうか、新装して発売されると聞いて早速発売元の青幻舎のHPを見てみました。
1月20日の発売で、オンライン購入のアマゾンにもレビューはまだ見当たりませんが、あのおっちゃんの笑顔と可愛いという形容詞以外に出てこないようなブタちゃんたちがいました。
写真集「ブタとおっちゃん」は2010年にフォイルから刊行されたもので、その後写真展なども開催され、溢れる愛情とポップな組み合わせで随分話題になりました。
その被写体のおっちゃんは、香川県で養豚場を営んでいた上村宏さん、そして1200頭のブタたち。
大量飼育が進む中、逆流するように一頭一頭餌やりから糞尿処理まで夫婦二人でこなし、養豚でありながらまるで我が子を育てるような様子の上村さんと大きなブタもそして小さなブタも、上村さんとブタたちの触れ合いを見ているだけで幸せな気分になる写真集です。
そんな写真集の撮影者が山地としてるさん。丸亀市役所に勤める傍ら上村さんの姿に感銘し上村さんが養豚場を閉じるまでの10年間撮影し続け、2009年に自費出版し、それが話題を呼び、2010年の刊行に繋がりました。
これだけインパクトのある作品だったのでファンは多いはず、しかも今では絶版なのでなおのこと。今回青幻舎から発売された写真集のタイトルは「ブタとともに」。
未収録写真を多数掲載されて、33ページのB5版。
プレゼントにも最適では。
撮影機材・LED照明の専門店

サイン入りオリジナルプリント付

写真家 富永よしえさんが15年間にわたり撮影し続けたパティ・スミスの姿が一冊の写真集となって1月30日に発売されます。
パティ・スミスのその姿と言葉が刻まれた224ページの写真集「the doors of light」。冨永よしえさんのサイン入り、六切りサイズのオリジナルプリント付き限定版です。
ミュージシャンとしてのパティ・スミスのファンの方もいれば、1975年にロバート・メイルプルソープが撮影し「Horses」のジャケット写真になったポートレートや1976年撮影のセントラルヒーティングに両手をかけてうずくまったヌード写真などが美しくも強烈な被写体としてのパティ・スミスが印象に残る方も多いでしょう。写真に映る彼女の存在感がそれくらい強いから。
そんなパティ・スミスを仕事の場で、つまりはレコーディングや今や伝説となったフジロックライブでの撮影からプライベートの場、自宅のポートレートまでが収められているそう。
サイン入りのオリジナルプリントは、写真家が2007年にパティ・スミスのニューヨークの自宅を訪れた時の一枚。双方の関係性を如実に表しているかのようなパティ・スミスの表情です。
発行元のスイッチ・パブリッシングの特設サイトには富永よしえさんのコメントも寄せてあります。
本来ポートレートとは、メイプルソープがパティ・スミスを撮影した写真のように撮影者と被写体の関係が浮き出てくるものですが、15年間撮影をしたというこのパティ・スミスの写真にも二人の関係を垣間見るような、耽美で秘めやかなものを覗かせてもらうような緊張感があります。
そんな貴重な写真集、気になりますね。
撮影機材・LED照明の専門店

カメラマングローブ

松が明けて寒さ本番です。
撮影時に気になるのは手先の寒さ。いくら防寒していてもカメラ撮影で使うのは指先なので、寒さのあまりに操作がうまくできないと撮影の妨げになるばかりか、機材の取り扱いも危うくなります。
かといって接触の感覚がない手袋では返って作業が滞ります。
それで重宝されているのがカメラマングローブ。指先がないタイプや指の部分が開閉できるミトンタイプ、または親指、人差し指、中指など一部の指部分だけ露出しているツー(スリー)フィンガータイプなど様々です。
形の好みや機能性、コスト面など優先順位をつけながら自分好みのカメラマングローブが見つかれば冬場の撮影も苦なくできそうです。
カメラメーカーだけではなく、スポーツメーカーのグローブなども参考にするとさらに選択範囲も広がり、それぞれ小さな部分にも配慮され開発されているのでグローブをして写真撮影するのも楽しくなりそうです。
人それぞれ用途が違うのでチェックするポイントも異なってきますが、カメラグローブを選ぶさいに基本的なチェックポイントをみてみましょう。
形のタイプが決まったら、まずはもちろん防寒性。それに伴って素材。フィットするストレッチ素材や操作しやすい薄手の生地など重視したい点を優先しながら選びたいですね。普段は素手で操っている機材をグローブを通して作業するので、きちんとホールドできるように手のひら部分に滑り止め加工されているものなどメーカーによって様々です。
カメラバック同様、ほんの小さなスペックが大きな助けになります。
撮影のお供になるぴったりのカメラグローブが見つかるといいですね。
撮影機材・LED照明の専門店

小説を読んでいるようなインタビュー

古屋誠一さんといえば、海を背景に竹の棒を持ち長靴を履いた女性のポートレートをすぐに思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
古屋誠一さんの妻、クリスティーネさんの1978年のポートレート。
そのクリスティーネがさんが自ら命をたったのが1985年。それから4年後に、のちに今日まで古谷さんのライフワークともなる作品群「Mémoires メモワール」が写真集として発表され、シリーズとして5冊の写真集が発表されてきました。
そして今年2020年、クリスティーネさんが亡くなって35年の時を経て「メモワール」の最終作として「Face to Face」が刊行されました。それに伴い美術史家の伊藤俊治さんによる古屋のロングインタビューがIMA ONLINEにて掲載されました。
その長さは16,000字。400字の原稿に換算して40枚というまさに読み応えたっぷりのロングインタビュー。
個人的にも、どうしようもなく惹かれるクリスティーネさんのポートレート。だからこそ「メモワール」としての作品にも、そして古屋さんのインタビューなどにも引き付けられますが、今回のロングインタビューはまるで小説を読んでいるかのような言葉の側面での空想や読後の余韻が押し寄せます。
「Face to Face」は二枚一組、見開きで二枚の写真が組みになって掲載されています。二人が出会ってからクリスティーネさんの死までの7年間に撮影された写真。これまでの「メモワール」、古屋さんが撮影した写真で構成されたものとの違いは「Face to Face」ではクリスティーネさんも表現者として彼女が撮影した写真が作品として発表されているという点。
「Face to Face」この以後も1978年に二人で訪れたボローニャ旅行の記録、スーパー8mmフィルムイメージのみを使った写真集や1985年にクリスティーネさんがポケットカメラで撮影した写真からなる写真集の刊行が予定されているとのこと。こちらも楽しみです。
撮影機材・LED照明の専門店

メインビジュアル

メインビジュアル
前回、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の題字を手がけたのが杉本博司さんという話題をお話ししました。そしてメインビジュアルの撮影者が繰上和美さん!あらためてそのメインビジュアルをじっと見て、そして撮影時のコメントを読み、またそのメインビジュアルを眺めます。
大河ドラマゆえのキャスティングの豪華さに期待が煽られますが、ドラマのキャスティングはもちろん、スタッフ陣営の厚みからも制作の力の入れようが伝わるというものです。
脚本や演出など、どの人が担当するのか気になるところですが、やはり映画でも大掛かりなドラマでもスチール担当がまず気になります。
この「青天を衝け」、メインビジュアルが繰上さん!
おお!と声が出そうになりました。
さて、その撮影を終えた後に「SWITCH」にて主人公を演じる吉沢亮さんと繰上さんのオリジナルフォトセッションとインタビューが企画されました。
(http://www.switch-pub.co.jp/switch-drama-special/)
大役の俳優とそれを撮影する繰上和美という写真家とのフォトセッション、お互いの持つ才能がぶつかりながら昇華するような覇気が感じられます。
大河ドラマのHPには登場人物の相関図が演じる俳優の写真と共に掲載されました。
面白くなりそう!という言葉では足りないほどの迫力ある俳優陣を見るだけで、来年の放送開始が楽しみになります。
さあ、どんな大河になるでしょうか。
撮影機材・LED照明の専門店

ニー・リーボヴィッツによる

あらゆるジャンルのセレブリティーを撮影するアニー・リーボヴィッツ。
1980年にローリング・ストーン誌の表紙を飾ったジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真は誰もが見たことのある有名な一枚。しかもジョンが暗殺される数時間前に撮影されたものということもありその有名度に拍車をかけました。
ローリング・ストーン誌、ヴァニティ・フェア誌、ヴォーグ誌に数々の美しく、そして被写体の人物にぴったりのシチュエーションでポートレートを飾ってきたアニー・リーボヴィッツですが、2021年1月版のヴォーグ誌(アメリカ版)では大坂なおみ選手のポートレートを撮影しています。
表紙を飾ったのは大坂選手がルイ・ヴィトンのドレスを纏った姿。ロサンジェルスで撮影されたそうです。ヴォーグのwebサイト(アメリカ版)ではインタビュー記事と共にほかの二枚の写真も見ることができます。海辺でニナ リッチのドレスを着た大坂選手がジャンプをした瞬間の一枚は、ドレスの美しいドレープと大坂選手の風になびく髪が印象的な一枚、そしてUSオープンの際に黒人銃撃事件と人種差別に対し犠牲者の名前が入ったマスクをつけて静かに抗議した姿が記憶に新しいように、人種差別によって命をおとした少年の名前が記されたマスクをつけた姿の一枚です。
USオープンでの優勝、そしてこうした意思表示が評価され今年のアメリカ、タイム誌での「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれましたね。
それだけ世界から注目される人物として、スポーツ以外でもこのヴォーグ誌の表紙を飾るようにポートレート写真の被写体となることも多く、アスリートとはまた違う面を垣間見ることができます。
アニー・リーボヴィッツのインスタグラムにも大坂選手のポートレートが三枚アップされ、1万人以上のいいね、と共感された写真を見ることができる。
撮影機材・LED照明の専門店

動物写真家のカレンダー

岩合光昭さんといえば、「猫写真」ですっかりお馴染みの写真家。
猫撮影に特化している写真家のように思われがちですが、1979年に「海からの手紙」で木村伊兵衛写真賞も受賞し、ライオンの親子と小猿の写真をナショナルジオグラフィックにて表紙を2度飾っている動物写真家です。
さて、オリンパスのHPの中に岩合さんのページがあることをご存知でしょうか。
岩合さんの活動と共に撮影した動物たちの写真も見ることができます。
そしてオリンパスが企画・制作をして利益を全てWWFジャパンの環境保全活動にあてている「2021 岩合光昭カレンダー」があります。2021年のテーマは「夏のアラスカ、小さないのちの大きな時間」と題し、45年ぶりに岩合さんがアラスカで動物たちの親子の日常を捉えた写真がカレンダーとなっています。
このカレンダーの完成を記念して、オリンパスプラザ東京にて写真展が12月16日まで開催されています。
この展覧会では写真家活動50年の節目を迎える岩合さんがアラスカを訪れて、タイトル通りの優しい眼差しからシャッターを切った作品が約25点展示されています。
カレンダーはWWF通販サイトから購入可能です。
オリンパスの岩合さんのページでは岩合さんのメッセージビデオも掲載されています。
この時期だからこそ、という岩合さんの思いが語られています。
自分用にも、そしてプレゼントとしても温かいカレンダーです。
撮影機材・LED照明の専門店

ライカのモノクロ撮影専用カメラ

ライカのモノクロ撮影専用カメラ
ライカからモノクローム撮影専用カメラ「ライカQ2モノクローム」が11月19日から発売開始さ
れました。
ライカの公式サイト「ライカQ2モノクローム」の専用ページに概要や詳細と共に、美しいカメ
ラ本体と、そして撮影画像があり、さらに先行予約も受け付けていました。
さて、まずはその本体の美しさにうっとりです。マットなブラック、刻印された文字とデザイ
ンの美しさ、文字や数字はグレートホワイトで統一され高級感たっぷり。
さらにライカの目印ともいえる「Leica」の赤いロゴがありません。それもモノクローム専用カ
メラとしてのこだわりでしょう。
どの角度からも、どの細部もため息が出るような美しさ。
レンズはf1.7/28mm、最短撮影距離17cmのマクロ撮影も可能、有効4730万画素の35mmフルサ
イズセンサー、最高ISO感度100000相当可能。
とにかく手にとって、触って、撮影を試してみたいカメラですよね。
もちろんお値段も想像通りため息が出ます。
フルプライス、税込み814,000円。
モノクローム専用のカメラをライカが発信することにより、物事の輪廻のようにモノクローム
のムーブメントが起こるかもしれません。

撮影機材・LED照明の専門店

ブログTOPHome会社概要特定商取引法に基づく表記リンクサイトマップお問い合わせ管理者用

copyright(c)2009- LIGHT GRAFICA. All rights reserved.